いざ受験!

千葉県では今日明日で公立高校前期入試です。人生初めての経験ですので、生徒はもちろん親御さんも緊張する2日となりますね。

 

受験は【試練の場】ではありますが、【最高の成長の場】とも言えます。定期テストと違い、小学6年間+中学3年間=9年間の集大成だからこそ非常に長い目で見て対策を練るわけで、その目標達成の為にどういったプランを立てたか、どれだけきちんと行動に移せたか、途中で軌道修正が出来たか などの対策を取り、成長した自分を試してくる2日になるのだろうと思います。

 

 

私は入試直前には『今の自分を出すだけで良い』と指示を出します。今まで一生懸命目標に向かって努力をしてきた本人が納得できる受験が出来さえすれば、合格する可能性は高いですし、仮に不合格になっても得るものは多いからです。

 

【受験は結果が全て】と言われますが、例えば《中途半端な対策で合格》《部活点が高いからあまり勉強をせず合格》《合格ラインを超えたから、少し手を抜いた状態での合格》では「本当の喜び」は感じないと思います。そして、そういった経験をしてしまった生徒は、『どうやったら楽にこの状況を乗り切るか』を考えますので、自分の行動で状況を変えようとはしません。その後、いつか先の人生で挫折を味わいます。

 

 

今日という日は【試練の場】であるのと同時に【最高の成長の場】です。パワーアップしている自分に喜びを感じながら、楽しんで受験をしてきてもらいたいと思っています。

    次の記事

    塾での自己採点