MENU

正しく学習して頭が良くなりたいと思っている小学生!

次のテストはやってやるぜ!と思っている中学生! 

します! 

 

3月3日(火) start!

 

新中3&新中2&新中1⇒6日間 

料金:¥8,000

新小6&新小5&新小4⇒6日間 

料金:¥6,000

詳しい資料をお送りします!

お問い合わせはお気軽にこちらまで!


2019年
第一志望校  合格率
100%達成
千葉県統一テスト(進学研究会)
▼5か月で5科合計点   平均44点アップ達成!▼
▼5か月で5科偏差値   平均4.5アップ達成!▼
アップ率
1位:117点up(偏差値15up)
2位:104点up(偏差値13up)
3位:78点up(偏差値10up)
4位:67点up(偏差値9up)
5位:65点up(偏差値9up)
今年も中3生たちの成績が  グングン上がっています!

 

最近めちゃくちゃ寒くなりましたね^^       

毎年大好評!【振り返りリトライ特訓】受付開始!

春の入会キャンペーン 募集状況(2020/1/5時点)

●新小4(現小3) 2名受付中!
●新小5(現小4) 2名受付中!
●新小6(現小5) 2名受付中!
●新中1(現小6) 7名受付中!
●新中2(現中1) 3名受付中!
●新中3(現中2) 3名受付中!
●新高1(現中3) 卒業生のみの募集です
●新高2(現高1) 卒業生のみの募集です
●新高3(現高2) 卒業生のみの募集です

※例年、2月~3月に満席になってしまう学年が多くあります。お早目にお問い合わせください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

◆夏期講習2019の成果!◆

◆夏期講習2018の成果!◆

◆夏期講習2017の成果!◆

◆夏期講習2016の成果!◆

◆2018年 第一志望校合格率94%◆

◆2017年 第一志望校合格率97%◆

◆2016年 第一志望校合格率96%◆

new!◆2019年2学期中間テスト結果 ◆

5科490点over!460点over!450点over!etc

◆2019年1学期中間テスト結果 ◆

◆2018年2学期期末テスト結果 ◆

◆2018年2学期中間テスト結果 ◆

速報!今年(2019年)の 中3偏差値アップグラフ

これは点数ではありません。偏差値です。

偏差値というものはほかの人と比べて自分がどの位置にいるのかを示す値です。
受験直前はほぼ100%の中3生が勉強している中で偏差値アップをさせる=【必死になって人一倍頑張っている】ということです。

またガクンと上がる成績も信用できません。まぐれ上がりがあります。

これらの生徒のように
少し上下にぶれながら
徐々に上がっていくのが
≪本当の学力≫
なのです!

入試1ヶ月前にやるべきこと

冬期講習が終わり、1週間が経過しました。休み時間は相変わらず元気ですが、休み時間が終わると自然に着席し真剣に学習する塾生の様子を見ていると、立派な受験生になったね〜^ ^と感じます。

 

 

さて、今回は少しだけですが受験前のこの時期にやるべきことをお伝えしたいと思います。

 

まず前提として、無理をして勉強する時期は既に終了したことを認識してもらいたいと思います。無理をするのは冬期講習までで、この時期は【調整】に充てるべきです。当然今から新しい分野を学習するなんてことは極力避け、今まで学んできたことをいかに発揮できるかを最優先に考えなければいけません。その為に一番大事なのは体調管理ですので、睡眠時間を確保し【朝型の学習】に変えるようにします。

 

学習の内容は、実戦力を養うために入試にあわせたテスト形式の総合問題を解き始めてください。志望校にあわせて教科別に必要な点数を見定め、過去問題で傾向を知り《必ず点数にする問題》を決めます。出来ない問題は出来るようにするのが基本となりますが、今までの学力では解けない問題も出てくるかと思います。そういった問題は思い切って捨てるのも、戦略の一つかと思います。

例えば数学の証明問題などは、年によって難問であったり易問であったりしますが、偏差値55以上の学校を受験する生徒以外は、労力対効果を考えて勉強せず、その分を別の単元に充てるといった方法です。

 

意外と出来ていないのが後期受験校の決定。前期で合格する気満々なのは良いのですが【試験は水物】と言います。模試でsを取っていても不合格になることもありますし、cでも合格する事があります。何があるかわかりません。

2月になるともっと時間がなくなりますので、まだ時間のある1月に親子で腹を割って話しておくことをお勧めします。子どもの希望を軸に、家庭の経済状況や合格の可能性などを加味して総合的に判断する必要があります。

 

ということで

①調整段階への移行

②実戦形式の問題演習

③後期受験校の決定

の3つを進めてください。

 

皆さんや皆さんのお子さんが、後悔なく充実した受験となりますように!



    三大特別授業

    ご挨拶

    この度は若竹綜合学園ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このページをご覧いただいたということは、きっと塾をお探しなのだと思います。塾は千差万別、実際に納得するまで色々とお話を聞いて、是非お子様にあった塾をお探しください。

    当塾の特徴はなんといってもきめ細かい指導による成績アップです。成績を上げるのが塾ですから当たり前だと思いますよね?しかし残念ながら、世の中には塾をビジネスとして捉えすぎるがあまり、そうではない塾も多く存在します。

     

    たった10ヶ月間で全中3生徒偏差値平均9アップ(中3は毎年25~30名という人数です。)。これは平均80点ほどの点数を、定期テストのような範囲が決まっているわけではない実力テストで上げたということです(定期テストの点数アップは比較的簡単に達成できますが、問題形式が難しく、更にどの範囲から出るのかがわからない実力テストの点数アップは時間がかかります)。昨年も夏期講習だけで5科100点以上上げた生徒が何人もおりました。ここまで上げられると志望校が変わります。志望校が変わると人生が変わります。すでに他塾や家庭教師や通信添削などで学習している生徒さんも多いと思いますが、比べてどうですか?合格校は千葉東・木更津・市立稲毛・木更津高専・幕張総合・千葉西・千葉南・検見川・磯辺・市原八幡などの人気校、それももともと成績の良い各中学校トップレベルの生徒ではなく、平均的な学力の生徒、いわゆる普通の子が一生懸命に勉強をして1~2ランクアップさせた上での合格です。

    ただ、近年は上位校に行けば良い人生が送れるわけではないということを痛感しています。偏差値をアップさせ上位校に進学したのは良いのですが、結局授業についていくのがやっとで、長い人生を考えればただのステップである高校時代を十分に楽しめなかったり、結局その後の進学が出来なかったりという例もあります。一部の大手塾の中には「トップ校に行け!」、下位の生徒は月謝を持ってくる「お客様」のような扱いをされているようですが、私にはとても信じられません。同じ生徒なのに!自分が目指す方向を軸に、その生徒の性格等も踏まえた数十回にも及ぶ面談をする中で、「なぜその学校を志願したのか」「自分は進学先で何をしたいのか」「卒業後はどういった進路に進みたいのか」「将来は何になりたいのか」といった本当に自分に合った学校が見つかるか…という観点を最重要視して進路指導をしている点も、当塾のゆずれない部分です。

    当塾詳細はこちら

    フェイスブックからのお知らせ

    PAGE TOP