お子さまの教育でお悩みの保護者の皆様へ

この度はホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

若竹綜合学園は菊間中と五井中で教員をしていた佐々木 明(今の塾長の父親です)が公教育の限界を感じ、40年以上前に自宅の1室を改造してスタートしました。当時はやっと今いる大手塾さんが開業を始めたころで【塾】自体が珍しい時代でした。

以来40年余りの期間、生徒の希望を第一に、リーズナブルで質の高い指導を心がけてまいりました。有難いことに、開塾当時の生徒のお子さんが入塾する機会も多く、また小中学校の校長先生・教頭先生クラスの先生が佐々木 明を頼って挨拶に来ていただくようなことも数多くありました(当時の後輩の先生が校長先生や教頭先生になったということです)。そういった意味では少しだけかもしれませんが地域の皆様に貢献できているのかもしれないと思っております。

 

保護者の方のお悩みの大多数は【学力面】かと思います。

中学生になって困らぬように…と思いご連絡をくださる小学生の保護者の方、定期テストでひどい点数を取ってきて慌ててご連絡をいただく中学生の保護者の方、学校の面談で≪合格は厳しい≫と言われご連絡をいただく中学生の保護者の方など様々なお問い合わせをいただきます。

その内の約半数は≪ただ単に一人では頑張ることができないことが原因≫であり、正しい学習方法を教え、きちんと時間をかけて進めていけば良い点数が取れるようになります。

 

それ以外の半数は≪前学年や小学校の学習領域での躓きをそのままにしてしまったことが原因≫です。特に小学生のペーパーテストは100点を取ることが多く悪くても90点ほどの点数が取れるテストなので、その時点では問題に気付かないことが多いものです。中学生のテストを経験して分析をしてみると、実は分数で躓いていた…とか割合で躓いていた…とか変わり方で躓いていた…というのは良くある話です。その部分を克服すると徐々に自信を取り戻していくことがほとんどです。ただし、この分析ができる保護者の方はなかなか多くはありません。若竹綜合学園は集団中心の塾でありながら、以下のように個別対応を取ることにより、各生徒の躓きを克服しております。

 

小学部は【グループ個人コース(集団個別指導)】と【サプリックスコース(個別指導)】に分かれています。【グループ個人コース】には集団という名前がついていますが大手進学塾のような集団指導ではありません。一応各学年に合った教材を使用しますが順番に先生が廻って指導をするような形態ですので、指導自体は個別であるのが特徴です。その際に、もし躓いている箇所を発見した際は前学年に戻って指導をしますので、≪出来ていると思ったけど実は出来ていなかった≫という箇所はなくなるのが特徴です。

 

中学部の1年生~2年生は【選抜集団コース】【サプリックスコース】共に、学校の教科書に沿ったテキストを使用し、定期テストで点数アップを目指した指導です。定期テストというものは決められた範囲内を決められた時間内にこなすわけですので≪スケジュール管理をし、きちんと時間を確保し、正しい学習法で努力を続けていけば点数がアップするもの≫です。点数が良かった際にはそれを続け、悪かった際にはその改善をすることによって、中3受験期の自分の学習法が完成します。定期テスト対策時には生徒たちは各単元にわかれたテスト対策プリントを解き合格を目指しますが、その際にその子の躓きが発見されることがあります。それを見つけ次第、まずは遡って復習をし先に進む形になります。

 

中学部の3年生は受験用テキストにシフトし、実力テストアップを目指した受験指導をしていきます。もう定期テストの点数の取り方はわかっていますので、≪定期テスト対策≫は行いますが、通常授業では学校の沿ったワークは使用しません。中学3年生から入塾した生徒で基礎力が欠けていると感じた生徒については、特別課題で対応しています。

 

その結果として表れる成績アップは当塾が誇れるところかと思います。誤解していただきたくないのは、もちろんそれが最終目的ではなく、本当の目的は【その成績アップを自信に変えること】にあります。その経験を繰り返した子どもたちは自分から学ぶようになり、結果として大人になっても学び続けることが出来るのです。従って成績アップを自信に繋げ、未来を豊かにすることが最終目標となります(以下については、まずは成績が上がられる塾としての証明です 笑)。

【ご参考】当塾の成績アップグラフ(サムネイルクリックで拡大)

seisekiup03 seisekiup01 seisekiup02

 

若竹では毎年たった10ヶ月間で全中3生徒偏差値平均9アップ(中3は毎年20~30名という人数です。)といった感じの成果を上げることが出来ています。これは平均80点ほどの点数を、定期テストのような範囲が決まっているわけではない実力テストで上げたということです(定期テストの点数アップは比較的簡単に達成できますが、問題形式が難しく、更にどの範囲から出るのかがわからない実力テストの点数アップは時間がかかります)。今年も夏期講習だけで5科100点以上上げた生徒が何人もおりました。ここまで上げられると志望校が変わります。志望校が変わると人生が変わります。合格校は千葉・千葉東・木更津・市立稲毛・木更津高専・幕張総合・千葉西・千葉南・検見川・磯辺・市原八幡・京葉などの人気校、そしてもともと成績の良い各中学校トップレベルの生徒ではなく、平均的な学力の生徒、いわゆる普通の子が一生懸命に勉強をして2~3ランクアップさせた上での合格です。

そしてその先にあるのが最終目標となる人間教育です。「やったら出来た!」を繰り返す事により生まれる自信を経験値に変え、その成功体験を自己肯定感に変え、認知能力だけでなく非認知能力を高めることによってその後の人生を豊かにしてもらうこと・・・これが若竹の最終目標です。だからこそ行うきめ細かい面談、自分が目指す方向を軸にその生徒の性格等も踏まえた数十回にも及ぶ面談をする中で「なぜその学校を志願したのか」「自分は進学先で何をしたいのか」「卒業後はどういった進路に進みたいのか」「将来は何になりたいのか」といった本当に自分に合った学校が見つかるか…という観点を最重要視して進路指導をしている点も、当塾のゆずれない部分です。ですから生徒が気に入った学校が偏差値上ではそれほど高くない学校であっても進学理由がきちんとしていればOKですし、生徒の性格によっては学校ランクを1つ下げた志望校で学校内トップを狙わせた方が将来的に良い方向に向かうだろうという場合はその学校を見てくるようにお勧めします。

以下、その他の特徴です。

gakuen02

①【人間性を育てる教育】

当たり前のことですが、勉強だけ出来ても良い人生は送れません。

人に会ったら『こんにちは』、人に何かしてもらったら『ありがとう』、人にものごとを頼むときは『お願いします』、人の迷惑になることをしたら『ごめんなさい』、若竹ではそういった人間形成の場としての環境も整えています。【結構厳しい塾らしいよ…】なんて言われちゃうこともありますが(笑)、人間として当然のことを教える環境を整えています。

②【安心の送迎バス運行】

若干の費用がかかりますが夕方から夜間の通塾に合わせて運行しています。忙しいお父さんやお母さん、ご家族のために、そして大切なお子様にとってより安全な通学のために。

③【様々な学習イベント】

学習に対して興味が持てるように、各学年にあわせたイベントを企画しています。小学生のうちは体験重視、中学生になれば学習重視の各種イベント。その様子はトップページよりご覧いただけます。

④【集団クラスの指導は専任講師のみ】

どんなに優秀な大学生でも受験指導は厳しいと思います。ここはやはり経験豊かなベテラン講師が指導すべきと考えます。

また個別指導では受験指導はなかなか難しいとも思います。個別指導は生徒の進度に合わせるのが基本的な考え方なので、やるべき勉強量が多い受験勉強を全てこなすのは結構至難の業かと。無理ではないとは思いますが、莫大な費用がかかってしまいます。

ということで当塾の集団クラスは講師歴20年~30年ほどの専任講師3名で個別指導の要素も入れながら工夫して指導しています(サプリックスコースの講師は一部大学生講師が指導します)。

⑤【あえて教えすぎない指導】

できるまでトコトン指導します…という言葉にはとても良い響きがありますが、学習においては自分一人で出来ないと意味がありません。その生徒の地頭や知識量にもよりますが、私は教えても良いのはヒントまでだと思っています。その後、子どもたちは自分で考え答えを出します。それが合っていても間違っていてもいいのです(もちろん間違っていた場合はその後間違え直しをしますけどね)。将来彼らが壁にあたった際にどうすべきかが自分の頭で考えられるように。

 

若い竹は少しくらいの困難はまったく気にせずに、グングン成長していきます。当塾では、わが子に接するような親身指導で、若竹のように元気で強くたくましい生徒たちを育てることを目指しています。一緒に頑張ってみませんか?

手が奇跡のワンショットになっている

【塾長     佐々木   肇】   


若竹綜合学園

千葉県市原市若宮5-7-7(若宮小学校 徒歩5分)
tel&fax : 0436-41-8461
受付時間: 16:00 ~ 21:00
定休日 : 日曜日・祝日

.