受験面接時のポイント

最近では課さない学校も出てきた入試時の面接。数十点とはいえ合格ラインに近づけるために万全にしておきたいですね。

希望者のみではありますが、塾では一人30分くらいで面接練習をしています。面接というのは答える内容云々ではなく、『入りたい』という気持ちが伝わるかどうかです。そのために【良い目立ち方】をする必要があります。
◆挨拶時
言葉と行動は別々に。頭を下ろすときは早めに、上げるときはゆっくりと。する前とした後に相手の顔を見る。
◆着席時
受験番号や出身学校、名前を言った時にすかさず『宜しくお願いします』を。『失礼します』は立ちながら。座る位置は椅子の半分位を使い、胸を張る。
◆面接時
はきはきと明るく発言。当然ながらウソはつかない。相手の目を見るのが相応しいが、無理そうならば少し下を見る。マイナスの内容は『これから〜する』でプラスに。
◆退室時
『ありがとうございました』は立ち上がってから。きちんと会釈をして退室。

簡単に書いただけでも、これだけあります。イメトレを何度もして失敗のないようにしたいですね。大人っぽい話し方は必要ありません。【気持ち】が伝われば大丈夫です。

    前の記事

    志望校選定

    次の記事

    いざ受験!