H30千葉県公立高校入学者選抜平均点が出ました!

お知らせが遅くなっちゃいましたが、H30公立入試の平均点が出ました。

前期:294.3点

後期:290.9点

 

私、実は入試当日にわかってました(笑)いえ、私がやったのではないのですが、千葉学習塾協同組合の情報部でその日のうちに平均点予測を算出するのですが、今年は例年にも増してばっちりなのです。その平均点予測数値がこちら!

前期:295±5

後期:290±5

すごくないですか!?毎年±5の中には入りますが、今年は特別スゴイです。情報部長のK先生(茂原で塾をしています)の分析力、さすがだなぁ。

 

で、今年は初めて【前期】が【後期】よりも平均点が低くなったわけですが、これが意味することは何なのでしょうか。偶然なのか…意図的なのか…。

まぁ、後期選抜は前期で合格した学力上位層の生徒が抜けることから、例年よりも前期合格生徒が優秀だったかもしれませんし後期受検生徒が劣っていたのかもしれません。逆にこれが意図的だとすると、やはり公立1本化への布石!?とか思っちゃいます。

 

しかし後期理科の平均点、高すぎですね。67.5点って(笑)同組合の予想問題もばっちりだったので、組合加盟塾の塾生が上げちゃったかもしれませんね。予想問題委員長のM先生(あすみが丘で塾をしています)、ありがとうございました。

小さい塾の集合体である千葉学習塾協同組合、しかし各塾の塾長はプロ意識を持った一流の教育者。その人たちが集まって生徒たちの為に色々とあれやこれやと尽力していますので、質の面では確実に大手塾さんを超えちゃってると思いますよ。

    前の記事

    学校行事