現在の募集状況(2018/04/04 時点)

●小4 1名受付中!
●小5 満席によりキャンセル待ちとなります
●小6 2名受付中!
●中1 2名受付中!
●中2 (クラス増により)2名受付中!
●中3 (クラス増により)3名受付中!
●高1 内部生のみの募集となります
●高2 内部生のみの募集となります
●高3 内部生のみの募集となります

【満席の学年でもご兄弟やご紹介の優先枠があります。お問い合わせください。】

お問い合わせ・ご相談はこちら


必見!【夏期講習の成果!すごいぞ!】

必見!【H29年度 受験生 偏差値アップ数値】

H29年度2学期中間テスト【各教科20点以上アップ者・高得点獲得者! ※期末テストはまもなくUPします!】

【H29年度入試第一志望校合格率97%(H28年度入試第一志望校合格率97%)】


若竹学園の成績グラフ!嘘でもなんでもありません(笑)
気になる方はこちら!

子どもが力を発揮する為に必要な2つのコト

長く塾をやっていると、色々な親御さんに出会います。入塾面談では親御さんとお子さんの普段の様子を垣間見ることができますので、その後の指導の指針になることも多いです。

 

多くのご家庭ではお子さんの気持ちを最優先にご入塾いただくのですが、たまにいらっしゃるのが【親御さん先導型入塾】です。お子さんに質問している事もお子さんではなく親御さんが答えてしまい、子どもは何も言えない状態・・・といった感じが多いのですが、いわゆる【子どもの気持ちを無視した入塾】です。親に対して反抗的な態度を取る子もいますが、自分の意思を親に伝えられていますのでこれは問題ありません。問題となるパターンは『親御さんが強すぎて、自分の気持ちを伝えられないパターン』です。

親御さんの気持ちはわかります。今まで様々な経験をしてきたからこそ《〜すべき》という事がわかってしまいますので、それを勧めるのですよね。しかしこういった場合、本人ではなく保護者の方に《やる気》がある状態、そしてお子さんは親に従っているだけですので、あまり成績が上がりません。実際には入塾面談後 或いは 授業を受けた後にヤル気が出る事も多いですが、将来に繋がる成績アップをするためには『ご家庭での良好な親子関係』が不可欠です。ここで言う『良好な親子関係』とは『適度に自分の意見を言い合える親子関係』という意味です。

 

また別のパターンとして【子どもの言いなり型入塾】もあります。ソコソコ成績が良い生徒に多いパターンかと思います。

勉強をする際には多少のムラがあるのが普通で、部活などで疲れた場合にはどうしても『ダルい』といった感情が表に出て来るわけですが、それを理解しないと折角のチャンスを棒に振る場合があります。本当は『ダルい』だけなのに『今日は体調が悪いから・・・』とお休みさせてしまう感じです。つまり子どもが言ったことを鵜呑みにし過ぎてしまうパターン。ウチにも子どもがいますので、これについても気持ちはわかります。親は仕事もあり家事もあるにも関わらず、子どもがウダウダ言っている状況は大変ですよね。しかしながら、そのご自身の判断がお子さんの成長を妨げていると考えると、とても大変な判断であることが理解できると思います。

 

小中学生というまだ判断能力が乏しい段階においてその子が持つ最大限の力を発揮するためには、【適度な親子間の会話】と【子どもの一言における親の見極め】の2つが絶対に必要不可欠です。

 

子どもは【親の分身であり、生きる希望】なのですが、同時に【親とは違う一人の人間】です。親の希望を押し付けた教育をしたり子どもの一言に一喜一憂することはせず、後ろから見守るような感覚で楽しく子育てライフを過ごしていただきたいと思います。

三大特別授業

ご挨拶

この度は若竹綜合学園ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このページをご覧いただいたということは、きっと塾をお探しなのでしょう。塾は千差万別、実際に納得するまで色々とお話を聞いて、是非お子様にあった学習塾をお探しください。

当塾の特徴はなんといってもきめ細かい指導による成績アップです。塾ですから当たり前だと思いますよね?しかし世の中にはそれさえもままならない塾がたくさんありますよ。逆にうちのようなきめ細かい指導により成績アップを達成している中小塾も多く知っています。ですからどうか一部の塾の巧みな言葉に踊らされないで、本物の塾をお探しください。

【ご参考】当塾の成績アップグラフ(サムネイルクリックで拡大)

seisekiup03 seisekiup01 seisekiup02

昨年たった10ヶ月間で全中3生徒偏差値平均9アップ(中3は毎年25~30名という人数です。)。これは平均80点ほどの点数を、定期テストのような範囲が決まっているわけではない実力テストで上げたということです(定期テストの点数アップは比較的簡単に達成できますが、問題形式が難しく、更にどの範囲から出るのかがわからない実力テストの点数アップは時間がかかります)。今年も夏期講習だけで5科100点以上上げた生徒が何人もおりました。ここまで上げられると志望校が変わります。志望校が変わると人生が変わります。すでに他塾や家庭教師や通信添削などで学習している生徒さんも多いと思いますが、若竹学園の生徒以上の成果を出されていますか?合格校は千葉東・木更津・市立稲毛・木更津高専・幕張総合・千葉西・千葉南・検見川・磯辺・市原八幡などの人気校、それももともと成績の良い各中学校トップレベルの生徒ではなく、平均的な学力の生徒、いわゆる普通の子が一生懸命に勉強をして1~2ランクアップさせた上での合格です。

ただ、近年は上位校に行けば良い人生が送れるわけではないということを痛感しています。偏差値をアップさせ上位校に進学したのは良いのですが、結局授業についていくのがやっとで、長い人生を考えればただのステップである高校時代を十分に楽しめなかったり、結局その後の進学が出来なかったりという例もあります。一部の大手塾では誰にでも「トップ校に行け!」というマインドコントロール的な指導をされているようですが、私にはとても信じられません。自分が目指す方向を軸に、その生徒の性格等も踏まえた数十回にも及ぶ面談をする中で、「なぜその学校を志願したのか」「自分は進学先で何をしたいのか」「卒業後はどういった進路に進みたいのか」「将来は何になりたいのか」といった本当に自分に合った学校が見つかるか…という観点を最重要視して進路指導をしている点も、当塾のゆずれない部分です。


当塾詳細はこちら

フェイスブックからのお知らせ

PAGETOP