令和2年 千葉県公立高校 前期平均点について

当塾も加盟している千葉学習塾協同組合の有志塾による平均点速報値が出ました。また志望校別の得点リストなど、かなり貴重なデータも。昨日塾生保護者の方にはメールで速報値をお伝えしましたが、今日行う個人面談で生徒たちに直接お伝えしたいと思います。

 

一見簡単そうでも思わぬミスを誘う問題や、形式が若干変わった事による解きづらさなどで、やはり15〜20点くらいは下がりそう。ある塾のブログには『昨年と変わらない』などと書かれていましたが、きちんと問題を解けば問題1つ1つの深さが見えてきます。

 

 

そうなると若竹生はよくやってきている方で、当初の予測では不合格になっていた生徒が引っかかっている可能性も高まってきました。

逆に『同様しすぎて国語の聞き取りが何も聞こえなかった』生徒や、理科でいつも取った事のない点数だった生徒もいて【受験には何かがいる】ことを再認識しました(笑)

 

今日は10時から稲毛海岸にある三和個別学院さんで支部会。県内屈指の15塾で集まって入試関連の更なる研究をしてきます。

    前の記事

    自己採点会