保護者の方からのご連絡と高校生3人

今、塾の授業を終え、何故か船橋にある千葉学習塾協同組合の事務所にいます。残念ながら、1月に幕張メッセで開催される《教材教具展》のチラシ作りという仕事が残っていたのでした。

 

逆に今日は色々と嬉しい事がありました。

昨年まで3人のお子さんにお通いいただいた保護者の方からメールをいただいたのです。長男の進路が決まったようで本人が塾長に報告に行きたいとのこと。

思わず嬉し泣きしました(笑)いや、泣いたのは冗談ですが、メチャクチャ嬉しかったのは事実です。これこそ塾をやっていて良かった!と思う瞬間です。

 

彼は中2で若竹に入塾しました。スマートな頭脳を持っていましたが、若干大人びたところがあり(後々になってただのシャイボーイだったことが判明)、最初はムスッとして心を開いてくれませんでした。しかし色々と接していく中で徐々に心を開き冗談を言い合える仲に。

高校生になってから1〜2回テスト前に勉強しに来てくれましたが、それ以来だから2年ぶりなのかな?

 

ふとウチを思い出してくれたのが、本当に嬉しいし、お母さんではなく本人が行きたいと言ってくれたのが最高に嬉しいです。

 

別件の《嬉しかったこと その2 高校生3人について》は、明日のブログで書こうと思います。

    前の記事

    勉強するのは何故?

    次の記事

    三人の高校生