公立高校受検準備

 

 私立高校の入試がひと段落し、公立高校の準備を進めております。

 

 千葉県は今年から入試制度が大幅に変更となります。例年行っていた前期後期入試のちょうど真ん中くらいの日程で行われますので、追い込みの期間が10日ほど増える形になります。

 

 追い込み期の学習メニューを決める上で一番大事な事は《今まで学んできた部分を当日どうすれば発揮できるか》であり、新しくできる分野を増やす事ではありません(それは12月まで)。ですから実戦練習中心の学習となるわけですが、それを進める中で【微妙な部分】や【忘れている部分】を見つけ、補修をしていく形となります。

 同時に《自信をつける時期》でもありますので、点数や偏差値等を使って自分の今を知り、割と出来る事を実感する時期でもあります。点数が足りない場合は志望校合格の為にどの問題をプラスすべきかを良く考えて、その分野を直撃で学習すれば安心です。

 

 今年はコロナで思う通りに勉強が出来なかったかもしれません。でもそれはみんな同じで、その中で自分がどれだけ頑張れたのかの勝負であるのが公立受検の良いところです。

 

 入試まであと一ヶ月!1日1日を悔いのないように過ごせた生徒が合格します。受検生の皆さん、あと少し頑張って!

    次の記事

    過去問の使い方