宿題について

【令和記念キャンペーン】の問い合わせが多くなってきております。ご興味のある方はwakatakegakuen@gmail.comまたは0436-41-8461(電話は16:00〜22:00でお願いします)まで、『令和記念キャンペーンの案内を見ました』とお伝えいただき、お気軽にお問い合わせ下さい。但し、大変申し訳ありませんが、中3は満席により募集を停止しております。

 

さて、今回は宿題について。

いや、実は先日あるクラスで宿題をやってきていない生徒がおり、ちょっと叱ったので・・・(笑)

 

宿題って何故あるのでしょうね。なければいいのに〜という子どもたちの声が聞こえてきそうですが、本来の目的は【反復】にあります。

知識や能力をモノにする為には何度も繰り返し復習をする必要がありますが、塾に来る時間は微々たるものですので家庭でやってもらう必要があります。特に文系科目はやる事が山ほどありますので、毎日の積み重ねが重要です。

 

それはわかっているんだけど、どうしても面倒になるのが宿題。宿題といっても10分〜15分で終わるものですので、塾の授業後すぐにやればあっと言う間に終わるものを、先延ばしにしてしまうからもっと面倒になるんですよね。そしてそれを『やりなさい!』というお母さんがもっと大変(笑)

 

自分からその行動が取れる子には大抵プライドがあります。そのプライドが良い方向に向かうと宿題をやらない事が許せなくなり、それが習慣になるわけです。

 

そのプライドの根底にあるのは《自信》。まずはそれを身につけなければなりません。その為には【自力で頑張って結果を出す】ことが必要であり、宿題はそのお手伝いをしているわけです。

 

まだ《自信》がない皆さん!一緒に頑張ってみませんか?

PAGETOP