後期合格発表

自己採点をしてもらってから薄々わかっていた事ですが、惜しくも全員合格ならず。なかなか100パーセント第一志望校合格は難しい。

 

自分の無力さを痛感し、過去を振り返り、対応力に問題がなかったかどうかを確認する毎日が始まる。

 

生徒は頑張った。インフルエンザになり保健室受験になっても諦めなかった。高得点を取ってきた上でまさかの前期不合格にもめげず、後期もチャレンジしてくれた。

 

大人の世界では【結果が全て】と言われますが、子どもにそれを当てはめるのは酷ですし、まだ早い。子ども時代にこういった経験を沢山した生徒の方が、困難時の対処法がわかるので大人になってから立派になるのは紛れもない事実。

しばらくは落ち込むと思いますが、胸を張って卒業式に出てもらいたいです。

 

今日はちょっと胸が一杯なので、ここまでにします。

    前の記事

    振り返ること

    次の記事

    入試一本化