東日本大震災から8年

今日は朝から大荒れの天気でしたが、太陽も出てきて良かったです。

市原市の中学生は今日が卒業式。やっぱり晴天の中で迎えたいですからね。

 

さて、メディアでも騒がれていますが、東日本大震災から今日で8年。

8年前のあの日、休校日でしたので、私は家族と千葉市の飲食店で遅い昼食をとっていました。食器類がガタガタ言い始めた頃は「お?地震か?」としか思いませんでしたが、机の上のコップが倒れる頃には、無意識に当時2歳だった長女を胸に抱え店外に出ていました。

 

その後、車で東北の状況を確認すると同時に遠くに見える市原石油コンビナートの爆発が起こり、【戦争でも起こったんじゃないか】と勘違いするほどでした。

しばらくして家に戻ると、塀は斜めになり、液状化で泥まみれの我が家が。大変でしたが、東北の皆さんに比べればこんなのは大した事ではありません。

 

塾自体に被害はありませんでしたが、塾生の中に被害を受けたご家庭がありましたので、3月前半は全てお休みにして、家族で落ち着いて過ごしてもらいました。

 

その後東北に出向き、石巻で学習ボランティア活動をしたり、地域の皆さんに元気を与えるべくバンド演奏を披露したりしました(逆に元気をもらうことも多かったです)。

 

もう8年ですが、まだ8年とも言えます。未だに復興できていない地域も多いようです。風化させない、現地に行って色々買うなど、これからも私が出来ることを少しづつ続けていきたいと思います。

    前の記事

    卒業ライヴ

    次の記事

    今日のわたくし