自信の作り方

先日保護者の方からこんなご相談をいただきました。

『受験時、英検の資格はあった方が良いですか?』というもの。

 

『3級以上を取得していると私立推薦基準が楽になったり、公立入試の入試得点に数点ですが加点されます。ですからあった方がベターだとは思いますが、なくても大丈夫です。』とお伝えしました。

 

今年他塾からウチに移ってきて、部活が忙しい中で少しずつ成績が上がってきているその生徒は、少しずつ勉強の仕方や点数の取り方がわかってきていて自信を回復しつつある現状であり、その上で更に講座を増やすことは全てが中途半端になり自信を失ってしまう恐れがあったのでそう受け答えをさせていただきました。

 

受験を有利にするために中学1・2年生が出来ることは沢山ありますが、一番大事なことは【自分流の勉強方法を模索しておくこと】です。生徒たちは定期テストを通して、試行錯誤しながらそれを創り上げていきます。

 

子どもは宝なので、今のうちに我が子には色々な経験をさせてあげたい・・・という気持ちは誰しもが持っているものです。しかしながらやらせすぎは逆効果になってしまうことが多いのもまた事実。あまり欲張らずに一つのことに集中させた方が本人の自信がつき、その後自分で道を見つけていくことが出来るようになることも多いです。伸び悩みの際には、その辺りも確認し整理してみると良い方向に向かうかもしれませんね。

    前の記事

    三人の高校生

    次の記事

    中学校の個人面談