遠方から

若竹には送迎バスが2台あります。しかし、学校の部活と塾の授業時間との折り合い&夕方の道路混雑により、あまり遠くには行けません。ですから塾から離れた場所に住んでいる生徒は保護者の方の送迎で通って来ていただくことになります。

 

この春から通ってくれている千種中学校の生徒。なんとクルマで30分近くかかるところから毎回お母さんが送り迎えして下さっています。ご紹介で面談に来られましたが、距離があるので厳しいのでは・・・?というお話をしたにも関わらず、お子さんが若竹でやりたいとのことでお通いいただいています。

以前は南総中や双葉中、五井中や湿津中の生徒(こちらもクルマで30〜40分のところ)もおりました。

 

 

ウチの中心となる学校は

◆小学校→若宮、八幡、菊間、市原、辰巳台西、辰巳台東、石塚、白幡

◆中学校→八幡、八幡東、菊間、市原、辰巳台

 

一番多いのは近い若宮小・八幡東中の生徒で八幡東中に関しては各学年毎年なんと10〜25パーセントもの生徒が通ってきてくれています。

最近増えてきているのが国分寺方面。国分寺台西中と国分寺台中。今現在お預かりしている4名も在塾生や卒塾生のご紹介で通ってきてくれています。クルマで10分〜15分ほどですが、塾もたくさんある中でわざわざ遠くの塾まで足を運んでいただいているわけです。こういった事を考えるだけでも相当の気合が入ります(笑)

また若葉中や千葉市の生浜中の生徒は毎年在籍しているイメージです。

 

 

とある田舎の寂れた住宅地の中、しかもこんな年季の入った塾舎で塾を38年も続けていけていることに感謝をし、日々精進しろ!と自分を戒める毎日です。

    前の記事

    春期講習終了!

    次の記事

    新年度